【任意保険】自動車の車両保険は必要か?

リンク
ライフスタイル

こんばんは、HAT(@HAT15814032)です。

みなさん、固定費下げていますか?

自動車の保険について必要性を考えましたが、車両保険については見直しする余地があると考えました。今回は実際に車両保険が必要かどうか検討いたします。

自動車の車両保険は必要か?

車両保険は車に修理する必要が生じた場合に補償してくれる保険です。統計では半数程度の方が加入しているようですが本当に必要なのでしょうか?

自損事故を起こさない人は必要ない

自損事故を起こさない人は、事故による修理は必要ないため車両保険は必要ないでしょう。私は基本的に安全運転を意識していますが、絶対大丈夫という保証は無いため必要ないとは言い切れません。保険というのはもしもの時の補償なのでそこをどう捉えるかということでしょう。

また自動車事故の場合、少なからず過失が発生する場合が多いと思います。過失がある場合、過失分は相手の保険は適用されないでしょうし、仮に相手が保険に入っていなかった場合賠償金は期待できないでしょう。

→車両保険で浮いた金額でドライブレコーダーを取りつける。(自己防衛、安全運転を意識)

古い車に乗っている

車両保険の保険金額は契約時の時価相当額で決まります。ということは車が古くなると保険の上限金額が引き下げられます。年々コストパフォーマンスが悪くなるということですね。

→私の保有する車は6年を超え保険金額は少なくなっている。

ローン残高がない

車両保険を外して事故を起こした場合、修理代が払えないという場合が考えられます。その場合廃車にしたうえでローンが残るかもしれません。更に自動車を買い替える必要があれば更に負担が大きくなります。

→幸いローンは払い終わっている。

そもそも車両保険は使うのか?

自動車保険には「等級」があります。等級は1~20まであり、高いほど保険料が安くなります。等級は契約期間中に保険を使用しなければ1年で1等級上がります。ということは自動車保険は使わないほど次年度の保険料が安くなるということです。

車両保険を使用した場合、契約内容により異なるかもしれませんが1~3程度等級が下がってしまいます。ということは車両保険を使用すると次年度の保険料が上がってしまいます。更に車両保険を使用するとペナルティが発生し、更に保険料が上がってしまいます。

結局よほど大きな損害がなければ保険を使用すると、トータルで損をするかもしれないということです。

→結局些細なことでは保険を使わないのでは?

まとめ

以上を考慮して、私は今回車両保険の契約をやめました。結果保険料はおよそ半額となり、年間4万円程度の固定費削減ができました。ただし保険はもしもという時を補償するものであり、今回の決断が正しかったのかはわかりません。

ただ、より安全運転に対する意識が高まりいい方向に進んでくれることを願っています。

また車両保険に補償対象を様々選択することができ、細かく節約することができますのでそういう方向の節約も検討していただければと思います。

リンク
ライフスタイル
HATをフォローする
HATのすきま

コメント