【iPhone XR】を購入したのでレビューしてみる

リンク
ガジェット

こんばんは、HAT(@HAT15814032)です。

私はスマホデビューからずっとiPhoneを使用しています。初めて使用したのはiPhone4だったと思います。

現在使用しているのはiPhone8なのですが、この度iPhone XRに機種変更したので簡単にレビューしてみます。

【iPhone XR】を購入したのでレビューしてみる

今回iPhone8からiPhoneXRに機種変更しました。実際に使用してみましたのでご紹介します。

iPhoneXRにした理由

私がiPhoneXRに機種変更した理由は

  • Face IDが使用できる
  • iPhoneXSに比べて価格が安い

になります。

特に私が重視したのはFace IDです。現在使用しているiPhone8はtouch IDを使用しますが、反応が非常に悪かったんですよね。私の場合ホームボタンを定期的に綺麗にしないとなかなか反応しませんでした。

というわけでFace IDのあるiPhoneXシリーズの中でコスパがいいiPhoneXRの選択となりました。

iPhoneXRのレビュー

iPhoneXRを実際に使用した上でのレビューをしてみたいと思います。

iPhoneXRのスペック

現在の主要なiPhoneのスペックを比較してみたいと思います。

XR XS XSMax 8 8Plus
画面 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ 4.7インチ 5.5インチ
大きさ 150.9×75.7 143.6×70.9 157.5×77.4 138.4×67.3 158.4×78.1
厚さ 8.3mm 7.7mm 7.7mm 7.3mm 7.5mm
重量 194g 177g 208g 148g 202g
チップ A12 A12 A12 A11 A11

大きい順に並べると

画面:XSMax > XR > XS > 8plus > 8

大きさ:8Plus > XSMax > XR > XS > 8

厚さ:XR >XS = XSMax > 8Plus > 8

重量:XSMax > 8Plus >XR > XS >8

となります。

XRはXシリーズの中で中間の大きさとなっています。また基本的にXシリーズはホームボタンが無いため、大きさに対して画面のサイズがより大きくなっています。XRと8Plusを比べると大きさは8Plusの方が大きいですがXRの方が画面サイズは大きくなっています。

またチップはXシリーズがA12、8シリーズがA11となっており、Xシリーズの方が処理速度が速くなっています。

iPhoneXRの開封

いつも通りのiPhoneの箱ですね。

箱を開けると「Designed by Apple in California」の文字が

出ましたiPhoneXRです。

今までは黒系の色しか使っていなかったんですが今回はPRODUCT REDにしてみました。iPhoneXRはカラーリングが多いので選択肢があっていいですよね。

色は(PRODUCT)RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6色です。

「Designed by Apple in California」の中身は

  • (Product)Redの説明書き
  • 簡単な取扱説明書
  • SIMカードを取り出すピン
  • アップルステッカー

の以上です。

(Product)RedのiPhoneを購入すると売上の一部がエイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されます。

またアップスステッカーですが、以前MacBook Airのスペースグレーを購入した際はスペースグレーのステッカーが付いていたため、若干期待していたのですがいつも通りの白でしたね。

他の同梱物はLightningケーブル、アダプタ、イヤホンといつも通りの内容となっています。

iPhoneXR用に購入したケース

私はiPhone用にケースを使用する場合、UAGのケースしか使用していません。非常に信頼を置いており、今回ももちろんUAGです。

【UAG】衝撃に強いオススメiPhoneケース
iPhoneにケース付ける派それとも付けない派ですか?UAGのiPhoneカバーは耐衝撃性に優れたカバーです。UAGのiPhoneカバーの種類、特徴、使用感などご紹介します。

今回はPathfinderのカモ柄を選択しました。

iPhoneXRとiPhone8の比較

以前使用していたiPhone8と今回機種変更したiPhoneXRの比較をしてみます。

ケースはどちらもUAGを取り付けた状態となっています。

写真左がiPhone8、右がiPhoneXRです。

上の表で大きさは記載していますが、実際に横に並べてみると結構大きくなったなと感じます。

裏から見るとこんな感じです。

iPhone8はUAGのMonarch、iPhoneXRはUAGのPathfinderを使用しています。

iPhoneXRを実際に使用してみて

それでは実際にiPhoneXRを使用した感想を

Face IDについて

大部分がFace ID目的で機種変更しましたが、非常に気に入っています。反応も早いですし結構暗いところでも普通に反応します。ただ寝起きであまり目が開いていないときは反応してくれませんが、それはこちら側の問題ですね。ホームボタンが無いため以前のiPhoneと使用感が異なりますが、すぐに慣れるのでその面でも特に問題ないです。

Face IDは反応も良く非常に使いやすい

大きさについて

大きさはやはり非常に大きくなったなと感じます。もちろん画面は見やすくなりましたがiPhone8に比べて手に持った際の安定感は圧倒的に劣りますね。私の手の大きさは男性の標準的なサイズだと思いますが、片手持ちでの操作は画面下側であればかろうじて端まで届きます。上の方は片手では全く届きません。

私が使用しているUAGのケースはグリップ感がよく比較的持ちやすいと感じていますが、iPhoneXRの大きさでは片手持ちしていると滑り落としてしまいそうな不安感を感じてしまいます。

そこで今回は外周にグリップシールを貼ってみましたが、これめっちゃいいですよ。半端なく安定感が増したと思います。見た目も個人的にはあまり気にならないので非常に満足しました。

iPhoneXRは滑りやすいので対策する【グリップシール】
iPhone8からiPhoneXRに機種変更しました。機能的には大満足なのですが、サイズが大きくなったため持ちにくく落としてしまいそうという不安感が生まれました。その対策としてケースにグリップシールを貼ってみましたのでご紹介します。
片手持ちは厳しい。ケースにグリップシールで改善

カメラについて

iPhoneXS、XSMaxはカメラがデュアルレンズ(レンズ2個)、XRはシングルレンズ(レンズ1個)となっています。望遠率が異なり、デュアルレンズの場合は10倍、シングルレンズの場合は5倍となります。どこまで望遠が欲しいかというのは使用環境により異なりますが、私の場合は5倍で十分です。というかほとんど望遠は使わないですね。

人物のポートレート撮影もできますので問題ないです。

個人的には必要十分。10倍の望遠が必要であればXSを

画面について

iPhoneXS,XSMaxは有機ELディスプレイ、iPhoneXRは液晶ディスプレイとなっています。当然有機ELの方が画面は綺麗なのですが、XRのRetinaディスプレイも十分綺麗です。個人的にiPhoneXSの有機ELは確かに綺麗ですが若干黄色っぽく見えるような気がしており、今まで見慣れている色味のRetinaの方がいいと感じています。

Retinaディスプレイは必要十分に綺麗

まとめ

iPhoneXR 個人的には大満足です。性能的には当然iPhoneXS,XSMaxの方が高いのですが、コストパフォーマンスが最もいいのはiPhoneXRだと思います。個人的にネックとなる片手持ちの安定感の無さに関しても、ケースにグリップシールを貼ることで改善できております。XSかXRか迷っている方は性能差がある箇所に対してどれだけ必要性を感じるかで決めるといいかと思いますが、iPhoneXRは十分満足できる機種だと思います。

リンク
ガジェット
HATをフォローする
HATのすきま

コメント

  1. […] = window.adsbygoogle || []).push({}); ガジェット Twitter Facebook はてブ Google+ Pocket LINE […]