スント コア【SUUNTO CORE 】の電池交換やってみた

リンク
アウトドア

こんばんは、HAT(@HAT15814032)です。

みなさんはアウトドア用の時計って持っていますか?

私が持っているのはスント(SUUNTO)のコア(CORE)という時計です。

スント コアは電池を自分で交換できるのでやってみました。

スント コアの電池交換をやってみた

スントのコアには色々なモデルがありますが、最も有名なのはオールブラックだと思います。スントといえばこれという感じですね。

現在電池が切れてしまっているので交換してみます。

電池の交換方法

こんな感じで表示の消えてしまった時計です。裏返すと

裏蓋があるのでこれを外してしまえば電池交換できます。外す道具は500円玉など裏蓋の溝と同じぐらいの厚さであればなんでもいいと思いますが、私はたまたまあったこんな工具で開けました。
家具などを組み立てるのに付属していたのだと思いますが、ちょうど良かったですね。
裏蓋はかなりかたく締まっているのでのでどうしても外すときに裏蓋にキズがついてしまう可能性があります。バッテリー交換キットを用意しておけば、交換用の裏蓋もついてくるので安心できますね。
電池を取り外して新しい電池と交換します。電池はCR2032ですね。100均でも売ってます。
あとは裏蓋を閉めれば完成ですが、その前にOリング(ゴムパッキン)を外します。ピンセットで簡単に取り外すことができます。
溝が汚れていれば爪楊枝とエアブロアなどで清掃しますが、今回は綺麗でしたね。
Oリングにシリコングリスを塗って元に戻します。Oリングの密着性が上がるので防水の面で効果があるのではと思い実施しています。
 
最後に蓋をはめ、外した時と同じように工具などを使用してしっかり締めこみます。
裏蓋を外す前の画像と見比べてもう少し締め込みたかったんですが、これが限界でした。Oリングにグリスを塗っているので問題ないと信じて終わりにしました。
 
最後に表示されていることを確認して完了です。

まとめ

というわけでスントコアの電池交換をやってみました。以前G-shockの電池交換もやったことありますがスントの方が圧倒的に楽でしたね。ただし、一度裏蓋を開けるということは防水性が低下する恐れはあります。そのためシリコングリスを使用したりしてみていますが、あくまでも自己責任でお願いします。またバッテリー交換キットには交換用のOリングも付属していますので、たまにはOリングの交換もした方がいいかもしれませんね。自分で電池交換できる時計なので長く使っていきたいと思います。

それではまた。

 

リンク
アウトドア
HATをフォローする
HATのすきま

コメント